2007年08月12日

株式投資 儲かるパターンは、主に3つ


□株式投資 儲かるパターンは、主に3つ


1.売買差益

安く買って、高く売る。
当然といえば当然ですが、株式投資をする上で
最も大切なところです。

2.配当

年2回、1株に対し、何円かのお金がもらえます。
株価に対して数%程度ですが、預金に比べれば
非常に魅力的な数字です。

3.株主優待

配当とは別に、物品でもらえるのが、株主優待の
魅力です。会社ごとに内容は異なりますが、
これを目当てに購入銘柄選びをすることも・・・

株で儲ける黄金法則とは・・・?





最後の株式投資マニュアル ブログTOPページへ
posted by サカモト at 21:09| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

カブドットコム証券のメリット


株ドットコム証券のメリット

続きを読む・・・

逆指値注文による自動売買が可能

夜間取引ができます

FX(外国為替証拠金取引)もできる

など、便利なサービスも多彩です。


株のど素人が暴騰直前の仕手株をどん底で仕込み株式評価額を3日で97.59%増加させた方法【返金保証付き!】
FX!!株ですべてをうしなった私が4ヶ月で117万円を1000万円にした投資法
200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX
■200名限定価格■ 伝説のデイトレバイブル【ジャイロマスタートレードver2.0】 大幅なバージョンアップでカムバック!専業トレーダーへの道
たったの10日で!684万円の利益を叩き出す 「14日間 超・スパルタ」チャート分析実践プログラム
【毎日3%利益確定】160日で一億を作る方法!購入者全員に無料にて勝つ投資術実演講習会を実施中!!さらに「95%勝てるオプション取引必勝法マニュアル追加【電話解説付き】
【365日間返金保証付き】株で3億円稼ぐ!黄金の成功法則
借金まみれから人生大逆転!3年間で1500万円稼ぎ出した投資法を伝授します!【非常識なセカンダリー投資法実践マニュアル】<2007年完全版>今だけ特典、3ヶ月メールサポート有。
『元証券会社社員が明かす!3万円を3ヶ月間で100倍にする就寝直前30分超少額投資法!』
『勝株ゴールド』会員数3万人以上を抱えるマンモスメルマガの決定版が登場!
毎日を給料日に変える!日経225先物のザラ場の動きを予測するデイトレード戦略テキスト【日経225先物プロファイリングトレード マスターテキスト】

TOPへ
posted by サカモト at 13:16| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

暴落時の対処法


暴落時の対処法

大きいにしろ小さいにしろ暴落、下げ局面は
年に1度や2度はあります。

続きを読む・・・

その時に備え、私はいつも余力を残しておきます。

だいたい資金の3分の1しか買いません。

そうすることで慌てることなく対処でき、
精神面でも強くなれます。

今すぐ確認






株のど素人が暴騰直前の仕手株をどん底で仕込み株式評価額を3日で97.59%増加させた方法【返金保証付き!】
FX!!株ですべてをうしなった私が4ヶ月で117万円を1000万円にした投資法
200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX
■200名限定価格■ 伝説のデイトレバイブル【ジャイロマスタートレードver2.0】 大幅なバージョンアップでカムバック!専業トレーダーへの道
たったの10日で!684万円の利益を叩き出す 「14日間 超・スパルタ」チャート分析実践プログラム
【毎日3%利益確定】160日で一億を作る方法!購入者全員に無料にて勝つ投資術実演講習会を実施中!!さらに「95%勝てるオプション取引必勝法マニュアル追加【電話解説付き】
【365日間返金保証付き】株で3億円稼ぐ!黄金の成功法則
借金まみれから人生大逆転!3年間で1500万円稼ぎ出した投資法を伝授します!【非常識なセカンダリー投資法実践マニュアル】<2007年完全版>今だけ特典、3ヶ月メールサポート有。
『元証券会社社員が明かす!3万円を3ヶ月間で100倍にする就寝直前30分超少額投資法!』
『勝株ゴールド』会員数3万人以上を抱えるマンモスメルマガの決定版が登場!
毎日を給料日に変える!日経225先物のザラ場の動きを予測するデイトレード戦略テキスト【日経225先物プロファイリングトレード マスターテキスト】

TOPへ
posted by サカモト at 23:11| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

PERとは?


PER


私が銘柄選びをする基準にする項目として
一番利用しているのが、PERという基準です。

株価収益率とも呼ばれ、これが低ければ低いほど
その会社の株価が割安と判断される指標です。

PER=株価÷1株あたり利益

実は、株式投資で勝つことは簡単なんです





TOPへ
posted by サカモト at 06:46| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

証券用語 わ行


□証券用語 わ行


0146.JPG
ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


割安株(わりやすかぶ)

割安株とは、さまざまな投資尺度でみて、市場の平均値と比べて
割安と判断される銘柄や、過去の株価水準からみて、現在の水準が
割安だと判断される株式のことをいう。


ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 07:44| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

証券用語 や行


□証券用語 や行


0146.JPG
ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


約定(やくじょう)

注文が執行され売買が成立すること。株式など、注文を出しても
値段などが合わずに、執行されたものの約定に至らない場合もある。


有利子負債(ゆうりしふさい)

金利をつけて返済しなければならない負債のこと。

具体的には、銀行などから借りた長期・短期の借入金や、社債や
CBの発行など市場で調達した資金の返済金などをさす。

この残高は、企業の財務内容の健全性を測る上での1つの指標となる。
残高が大きいほど、財務体質が悪くなることを意味する。


ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 07:30| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

証券用語 ま行


□証券用語 ま行


0146.JPG
ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


マザーズ(まざーず)

Mothers(Market of the high-growth and emerging stocks の頭文字から)
高い成長、拡大が期待される事業や新たな技術・発想に基づく事業を行う
高い成長可能性を秘めた企業に資金調達の機会を与えるとともに、投資家に
新たな投資物件を提供することを目的に、1999年11月に東証において創設された市場。


ミニ株(みにかぶ)

売買単位株の10分の1の株数から投資できることである。
売買単位株が1,000株の銘柄であれば、100株から投資できる。


ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 14:18| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

証券用語 た行


□証券用語 た行


0146.JPG
ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


ナンピン(なんぴん)

当初買い付けた有価証券の価格が大きく下がったために、
平均買付コストを下げるために、さらに買付けること。


日銀短観(にちぎんたんかん)

日本銀行が四半期に一度発表する「主要(全国)企業短期経済観測調査」のこと。

日本銀行という金融政策当局自身が調査し、直接、各企業の経営者に業況感を
問うマインド調査であり、しかも、サンプル数が十分にあり、回収率も高いので、
数多くある経済指標の中でも特に注目されている統計である。


値がさ株(ねがさかぶ)

株価の高い銘柄のこと。

実際にいくら以上の株式が「値がさ株」という定義はない。

これは、その時の相場全体の水準によって変わってくる。


ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 19:45| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証券用語 た行


□証券用語 た行


0146.JPG
ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


大納会(だいのうかい)

年末の最終取引日。例年は12月30日である。
当日が土曜日の場合には12月29日になる。立会時間は、前場のみ。


大発会(だいはっかい)

新年最初の取引日。例年は1月4日である。当日が日曜日の場合には1月5日、
土曜日の場合には1月6日になる。立会時間は、前場のみ。


チャート(ちゃーと)

株価の動きをグラフ化したもの。株式投資をする上で、相場の
転換点を知るための参考となる。


中間配当(ちゅうかんはいとう)

営業年度を1年とする会社が、期末配当とは別に、その年度中の
一定の日に行う金銭の分配のこと。


低位株(ていいかぶ)

株価が市場全体の水準の値段に比べて低いところにある株式。株価500円以下
というような区分もあれば、東証1部上場銘柄の株価ランキング下位20%と
いったルールを元に、株価全般の水準の変化にあわせ適宜区切りを見直す
相対的な区分もあり、どちらの概念でも使用される。


出来高(できだか)

出来高は、市場全体の売買株数を示す。相場の勢いをみる参考指標で、
売買高ともいう。


テクニカル分析(てくにかるぶんせき)

移動平均線、株価チャートなど、株価データの「型」(=パターン)を
基礎に、相場の先行きを予測する手法。

「株価は株価に聞け」という相場格言にもあるように、投資家心理が
株価形成に反映され、こうして決定された市場価格は全ての情報を
織込んでいるという考え方に基づいている。


当期利益(とうきりえき)

商法の計算書類規則による損益計算書上において、税引前当期利益
(税引前当期損失)から法人税及び住民税を差し引いた利益のこと。

計算後、利益ではなく損失となった場合は、当期損失という。


TOPIX(とぴっくす)

東京証券取引所が日々計算し発表している株価指数で、 東証第1部の
毎日の時価総額(全上場株をある日の終値で評価したものの合計額)を
基準日の時価総額で割って算出される。

1968(昭和43)年1月4日の時価総額を100として計算しており、日経平均
株価とならんで、重要な指数の1つとなっている。


ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 08:13| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

証券用語 さ行


□証券用語 さ行


0146.JPG
ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


サイコロジカルライン(さいころじかるらいん)

サイコロジカルとは、「心理的な」という意味である。
投資家心理は株価の上昇が続けば、ますます強気に傾き、逆に株価の下落が
続けば弱気に傾きがちである。

市場が強気一色になった時、相場はピークを打ち、逆の弱気一色になった
時にボトムを打つケースが多い。

サイコロジカルラインはこうした投資家心理の偏りを数値化し、皆が強気に
なれば売り、弱気になれば買いのシグナルが出る逆バリの指標である。

サイコロジカルラインの考え方に上昇幅・下落幅を導入したのがRSIである。


指値注文(さしねちゅうもん)

株式の売買注文を出す際の一形態で、売買価格を明示して注文をすること。


地合い(じあい)

株式の市場用語で、相場の状況をさす。「地合いが良い」、あるいは
「地合いが悪い」などと用いられる。


時価総額(じかそうがく)

上場株式(個別銘柄あるいは上場銘柄すべて)が、どの程度の規模
なのかを示すもの。

個別銘柄の時価総額は、その株価に発行済株式数をかけたもので表す
ことができる。時価総額=株価×発行済株式数


仕手株(してかぶ)

短期間に大きな利益を得ることを目的として株式市場(流通市場)に
参加する投資家を「仕手」または「仕手筋」などと呼ぶが、これらの人々が
好んで売買の対象として取り上げる銘柄のことをいう。


上場(じょうじょう)

証券取引所が、ある企業の発行する有価証券を証券取引所で売買する
ことを承認すること。


上方修正(じょうほうしゅうせい)

企業業績について、それまで予想されていた数値より、良い状況になって
きたことを表す。

企業業績は、証券会社などのアナリストが予測する数値と企業側の計画数値がある。


新興市場(しんこうしじょう)

現在のマーケット規模は小さいものの、発展過程にある企業が取引される
市場のこと。ジャスダック、マザーズ、ヘラクレスなどを総称していう。


ストップロスオーダー(すとっぷろすおーだー)

損失を防ぎ、または最小にするための注文方法。
株価が一定水準まで下落した場合に、成行きで株式の売却が行われる。


前場(ぜんば)

証券取引所における午前の取引時間中のことをさす。9時より11時までの
時間帯をさす。


増配(ぞうはい)

前の期よりも配当の額が増加すること。


ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 14:52| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証券用語 か行 


□証券用語 か行


0146.JPG
ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


外国人投資家(がいこくじんとうしか)

「オイルマネー」「アメリカの年金資金」など、一般に、海外の資金が
まとまった形で日本の証券市場に投資される場合、その投資する主体をさす。
基本的には、日本の機関投資家と同じ目的を持っている。


買い越し(かいこし)

ある特定の売買主体(個人投資家など)が、一定期間内に、売却した株式
(金額)を超える買付けを行った状態のこと。


買い残・売り残(かいざん・うりざん)

信用取引の残高のことで、買い方の残高を買い残、売り方の残高を
売り残という。買い残と売り残を総称して、信用残という。

「買い残」は将来の株券の供給要因といえるので、残高の大幅な増加は株価に
とってマイナス要因である。

しかし、増加の初期の段階では人気のバロメーターとして評価されることもある。

つまり、信用の買い残が増えると、将来の売り圧力が強まる可能性がある。
逆に「売り残」は需要要因といえるので、残高の大幅な増加は株価に
とってプラス要因である。

増加分が反対売買で決済されるのであるならば買戻しされるからである。
つまり、信用の売り残が増えてくると、将来の買い圧力が強まる可能性がある。


かい離率(かいりりつ)

CBの価格が理論通りに動くとすると、CBの時価とパリティは常に
一致しているはずである。

しかし、CBと株式には利回りの差があることや、値動きにタイムラグが
あることなどによって、時価がパリティを上回ったり下回ったりする。

この時価とパリティとの差を乖離といい、時価がパリティより何%
高いか低いかを示した指標を「乖離率」という。

一般に、乖離率が小さい(マイナスの場合も含む)ほど、 CBの時価は
株価と密接に連動しており、妥当な価格で売買されているといえる。

なお、CBの時価がパリティよりも高い状態を順カイリ、逆にパリティ
よりも低い状態を逆カイリという。


格付(かくづけ)

債券の信用力や元利金の支払い能力の安全性などを総合的に分析して
ランクづけし、アルファベットなどわかりやすい記号で示したもの。

直接的には、債券の安全性を評価したもので、発行体の信用状態の変化に
より、発行時期の格付から債券自体の格付も変化していることがある。

格付は信用リスクを測るための重要な指標となる。
格付は「格付機関」がおこなう。


確定申告(かくていしんこく)

納税者が前年1年間の所得税を計算して、翌年2月16日から3月15日までの間に、
税務署に確定申告書を提出して税金を納める手続きのこと。

確定申告は、納税する税金があるときだけにおこなうというものではなく、
給料や配当金、原稿料等の所得を得る際に、所得税を源泉徴収されている
場合など、確定申告をおこなうと税金が還付されることもある。

また株式の売却により、利益を得た場合は確定申告をおこなわなくては
いけない(申告分離課税)。

つまり、年間を通じて損益計算(損益通算)をおこない申告の手続きをする
必要がある。その手続きを簡単にするサービスとして特定口座がスタートした。

なお税金の還付は、確定申告の期間でなくても、1月1日以降であれば
手続きをとることが可能である。


株価指数(かぶかしすう)

株価指数は、株価の変動を見ることができる。統一的な株価指数が、継続的に
使用されているので、株価の時間的推移を把握することができる。

日本の株価指数で最も多く利用されているのが「日経平均株価」である。
東証第一部上場企業のなかから225社の株式を使って計算されている。


株価収益率(かぶかしゅうえきりつ)

株価と企業の収益力を比較することによって株式の投資価値を判断する際に
利用される尺度である。(PERとも言われる)

株価が500円で、一株当たり利益が50円ならば、株価収益率は10倍である。


株式分割(かぶしきぶんかつ)

1株をいくつかに分割し、発行済みの株式数を増やすこと。

例えば、1株を2株に分割すると、その株式を保有していた人の持ち株数は
自動的に2倍になる。 1,000株保有していれば2,000株になる。


株主優待(かぶぬしゆうたい)

企業が、権利確定した株主に対し、株主還元策の一環として、持ち株数に応じて
自社製品や優待券、回数券などを無料で配布するようなことを「株主優待」という。


下方修正(かほうしゅうせい)

企業業績について、それまで予想されていた数値より、悪い状況になってきたことを表す。


機関投資家(きかんとうしか)

顧客から拠出された資金を運用・管理する法人投資家の総称。一般に機関投資家と
呼ばれるグループをいくつか挙げると、「投資顧問会社」「生命保険会社」
「損害保険会社」「信託銀行」「投資信託会社」「年金信託」などが主なものである。


逆張り(ぎゃくばり)

相場が悪い時に買う、あるいは、相場が良い時に売ること。


決算(けっさん)

企業が、一定期間の経営成績や財政状態をまとめるために行う一連の作業のこと。


気配(けはい)

売買立会いによる取引において、売りにいくといくらで売れそうか、買いに
いくといくらで買えそうかを示す、売買の目安になる値段を気配という。

マーケットでの株価水準、需給状況をあらわす。


権利落ち(けんりおち)

ここでいう権利落ちの権利とは、株式分割・増資等新株を取得する権利のことをいう。
権利落ちとは、権利確定日が過ぎて、この権利を取得できなくなった状態のこと。

なお、ここでいう権利に配当を含めることもあり、「新株落ち」
「配当落ち」と区別するケースもある。


公開買付(こうかいかいつけ)

公開買付(TOBともいう)とは、不特定かつ多数の人に対して、公告により会社の
経営権の取得等を目的として、株券等の買付けの申込み又は売付けの申込みの
勧誘をおこない、有価証券市場外で株券等の買付けをおこなうことをいう。


ゴールデンクロス(ごーるでんくろす)

移動平均線は、株価の平均値をとる期間が異なれば当然違った形状になる。
26週線が上昇局面または横ばいの状態にあるとき、13週線が26週線の下から
上へ突き抜けることを、一般的にゴールデンクロスと呼ぶ。


ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 10:08| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式用語一覧 あ行


□証券用語 あ行


0146.JPG
ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


委託手数料(いたくてすうりょう)

投資家が株式等の売買を、証券会社を通じておこなう際に、証券会社に対して支払う売買手数料のこと。
当該注文が証券取引所で執行されるものが対象となる。


受渡日(うけわたしび)

投資家が株式等の売買を、証券会社を通じておこなう際に、証券会社に対して支払う売買手数料のこと。
当該注文が証券取引所で執行されるものが対象となる。


売り気配(うりけはい)

証券市場において、売却の注文に対して、これに見合う買付けの注文がなく、
値がつかない状態のこと。「ヤリ気配」とも呼ぶ。


上値(うわね)

現在の株価以上の値段のこと。さらに高い株価のこと。


円安・円高(えんやす・えんだか)

日本円と、米ドルやユーロなどの外国通貨との交換比率(=為替レート)は、通常、常に
変化するものであるが、日本円の価値が、外国通貨より安くなることを円安という。
例えば、昨日1ドル120円で、今日1ドル121円に変化するような状況のことをいう。
逆になることを円高という。

大底(おおそこ)

マーケットで使われる用語で、相場がもっとも下落した状態のこと。

押し目買い(おしめがい)

株価が上昇トレンドにあるときに、一時的に調整局面にあるときの買い場のことをいう。


終値(おわりね)

その日の各取引時間内において、最後に取引された値段。


ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 07:33| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

株取引のルールを決めよう


□株取引のルールを決めよう


0146.JPG


株の世界に入って、ある程度取引をやっているうちに、
自然と株式についてルールや知識がついてくるように
なります。

習うより慣れろといったっところかもしれません。

そうなってくると今度は、どうやったら儲けられるよう
になるのだろうと考えるようになります。

ここまでくれば、初心者は卒業だと私は思います。

ここからは取引を続けながら自分なりの成功法則、ルールを
見つけていってください。

これこそが成功への一番の近道だと信じています。

有名な投資家は、全員といっていいほど自分なりのルールを作り、
それを忠実に守っています。

その名投資家の取引ルールとは?よければ参考までに読んでいって
みてください。


ものすごい投資情報が、このブログランキングにあります。


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 16:28| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野村バーチャル投資倶楽部で練習


□練習


0146.JPG


口座を開設して、株の取引をスタートすることになりま
すが、野村のバーチャル株式倶楽部で取引の練習も出来ます。

いきなり大金をつぎ込んで始める前に、練習されてみては
いかがですか?

他にやっている方の取引している銘柄も見れるので、非常に
参考になりますよ。


このブログ ランキングで●位なんです!


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 16:02| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

材料株


□材料株


0146.JPG


株価は新しい「材料」があれば、つねに株価に反映します。

企業が新たな新製品や新事業の発表。

業績の上方修正、株式分割、などの発表をすると株価が上昇するこ
とがよくあります。

この発表によって、数年後の企業業績が好転することを
投資家が期待するからです。


このブログ ランキングで●位なんです!


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 08:03| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

好取組株


□好取組株


0146.JPG


業績が好調なのに、信用売り残が急増した銘柄は、相場全体が
反転した場合でも株価が上がる可能性が高くなります。

信用取引では、売買どちらの場合でも、原則6ヶ月以内に
反対売買をしなければいけません。

その期日が絶対期日になります。

絶対期日が近づくと、投資家は反対売買をしなければいけないので、
信用売り残が多い銘柄は、値上がりしやすくなります。

つまり、売り算が急増した半年後に、株価があがりやすくなります。


このブログ ランキングで●位なんです!


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 15:31| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディフェンシブ株


□ディフェンシブ株


0146.JPG


相場が下降局面に入ったときに注目される銘柄があります。

景気が下がっている局面でも、着実に業績があげられ、
なおかつ株価もいい会社が条件になります。業種でいうと
電気・ガス・食品などになります。

景気がいいといって業績はあまり拡大しませんが、悪い
からといって急に業績は悪くなりません。

また、このような業種は配当利回りも高く、現金で持つ
よりは、有利な運用と考えて持つ方も多いと思います。


このブログ ランキングで●位なんです!


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 09:16| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

出遅れ割安株


□出遅れ割安株


0146.JPG


株式市場が活況になってくると、今まで人気の圏外にい
た銘柄にまで物色対象が広がります。

そこでチェックポイントとなるのがPBR(株価純資産倍率)です。

このPBRが1倍以下にまで放置されていた
出遅れ割安株に見直し買いが入るのです。

(PBRとは株価を1株株主資本で割った倍率です)

言い換えれば、企業の解散価値よりも株価が低いことになり、
問題のない会社ならばPBR1倍になるまで価格は上昇するのです。

大証2部や名証2部の中に、そうしたお宝株が隠れている場合もあります。


このブログ ランキングで●位なんです!


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 09:03| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

人気割安株


□人気割安株


0146.JPG


人気テーマ株(例えば、原油価格が上昇している時は、
石油などの資源株、地価が上昇し始めれば不動産株、

為替が円安に振れれば自動車などの輸出関連株)は、
多くの場合その業界の1番手銘柄が先駆けて上昇します。

でも、業界全体が好調ならば、2番手、3番手の
銘柄もあがってきます。そこで、人気テーマを見つけた
ら、同業種で、今はまだ割安な銘柄を探してみましょう。

同じ波に乗れる可能性が大きいです。


このブログ ランキングで●位なんです!


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 15:31| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

景気敏感株


□景気敏感株


0146.JPG

紙・パルプ・鉄鋼・化学・運輸業などの受注は景気に大
きく影響されます。

景気の循環とともに回復と後退を繰り返すのが景気敏感株の
特徴です。

景気が上向いてくると、景気敏感株は急速に明るくなり
株価も上昇します。

景気敏感株投資の鉄則は、このようなパターンを上手
に利用することです。

また、景気の先行きを見通す指標となるのが日銀短観の先行き予測です。

そして、投資タイミングを計るのが、同時に発表される業種ごとの業
況判断が大いに役立ちます。


このブログ ランキングで●位なんです!


このブログのTOPページへ
posted by サカモト at 08:08| これから始める方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。