2009年09月02日

8月のISM指数は52.9と1年8か月ぶりに50越え!


8月のISM指数は52.9と1年8か月ぶりに50越え!



米供給管理協会(ISM)が発表した8月の製造業
部門指数は52.9となりました。

http://saig.livedoor.biz/archives/1530169.html


2007年6月(52.9)に並ぶ高い数値に。

ISM指数とは景気を見極めるうえでの分岐点である
50を中心に、それを上回れば好景気、下回れば不景気
という目安になる経済指標です。


このISM指数が50を上回ったのは08年1月(50.8)以来。


2008年10月から09年3月までは30台、4月から7月までは
40台でしたが、ようやく長いトンネルを抜けたかなと
感じております。


今日の米株は大幅反落して終えましたが、日々の株価と
大きなトレンドとはまた別です。

今週末には米雇用統計の発表もありますが、私の予想では
これも順調に回復していくと思います。


予測の詳細は、このブログ記事にて説明。


その他、株式投資情報は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 09:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月の新車販売台数はついに増加へ 今後の販売予測は?


8月の新車販売台数はついに増加へ 今後の販売予測は?



昨日発表されました8月の新車販売台数は
198,265台(軽除く)となり、久しぶりに前年比
102.3%、増加に転じました。

http://saig.livedoor.biz/archives/1530136.html

8.jpg

2000年からの販売台数推移の一覧を載せてみましたが
2004年以降下降線なのがわかります。

それでも、エコカー減税やハイブリッド車の
普及効果で前年比を超えるまでに回復。


去年は9月以降急激に新車販売台数が落ち始め
11月以降は前年比30%減の状態が続きました。

ですから来月以降も前年比では100%を超える
数値がでると思われます。


しかし、それは去年の買い控えの反動もありますので
自動車業界のポテンシャルを知りたい方は、前年比
プラス2007年比でも調べてみることをお薦めいたします。


単純な数値発表ですが、もし2007年度まで販売台数が
戻ってくれば、株価の動きも軽くなるはずです。

そのためには為替の問題もありますが、一つの
目安にはなります。


その他、株式投資情報は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 06:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

インターネットに接続できない事態が発生


インターネットに接続できない事態が発生



昨日の午後から今日の昼過ぎまで、丸1日
インターネットに接続できない事態に
なりました。

http://saig.livedoor.biz/archives/1529767.html

私も急なことだったので驚きましたが
IP会社に電話対応しても結局改善されず。

かなり気苦労もありながら、なんとか回復
しましたが、この一件で気がついたことが
ありました。


それはやはり、

レバレッジ取引でFXやデイトレなど
やってなくて良かったということです。



やっていなくても焦るくらいでしたから、
もしやっていたら相当イライラしたと思います。


復旧して儲けていたらラッキーかも知れませんが
逆に動いて追証などになっていたら、相当
落ち込んでいたはずです。


他にも私は日常でインターネットを使いますが

・HPサーバーのトラブル
・証券会社のログインメンテナンス


など、過去にも同じような経験を
したことが何度もありました。


その都度思うのですが、インターネットといえど
万能ではなく、何か起これば全く使えない状態に
なってしまいます。

電気で例えれば停電と同じですから、
気をつけた取引を心がけないといけませんね。


その他、株式投資情報は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 19:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のストップ高銘柄


今日のストップ高銘柄


http://saig.livedoor.biz/archives/1529652.html

1840 東証2部 (株)土屋ホールディングス

2190 HCS (株)JCLバイオアッセイ

2478 マザーズ (株)エムケーキャピタルマネージメント

3043 HCG モジュレ(株)

3239 JASDAQ (株)総和地所

3250 JASDAQ (株)エー・ディー・ワークス

3325 マザーズ ケンコーコム(株)

3360 東証1部 グリーンホスピタルサプライ(株)

3736 マザーズ (株)コネクトテクノロジーズ

3754 JASDAQ エキサイト(株)

3776 HCG (株)ブロードバンドタワー

3832 HCG (株)T&Cホールディングス

4321 東証1部 ケネディクス(株)

4556 JASDAQ (株)カイノス

5970 JASDAQ 菊池プレス工業(株)

6256 JASDAQ (株)ニューフレアテクノロジー

6291 東証1部 日本エアーテック(株)

6374 東証1部 TCM(株)

6723 東証1部 NECエレクトロニクス(株)

6729 JASDAQ オンキヨー(株)

7435 JASDAQ (株)ナ・デックス

8226 東証2部 (株)理経

8892 JASDAQ (株)日本エスコン

8913 東証1部 (株)ゼクス

8925 マザーズ (株)アルデプロ


その他、株式投資情報は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 17:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己資金を貯め続けるという努力


自己資金を貯め続けるという努力を
決して怠ってはいけません



投資に関して自己資金が大きいに越したことはありません。

http://saig.livedoor.biz/archives/1528591.html

十万円の投資で2割儲かったとしても2万円
ですが、使おうと思えば1日で使える金額です。


しかし一千万の2割ならば二百万。

10億円の投資で2割儲ければ二億円となり
元手が多ければ多いほどその価値はあがります。


そのメリットを活用した投資にレバレッジが
ありますが逆のベクトルに働けば自己資金が
10万円でも二百万の借金を被る可能性もあるのです。


ストップロスを使えば損切りもできますが
結局は資金がゼロになり、後に残るのは
虚しさだけではないでしょうか?

金額だけを見れば、ものすごく魅力的ではありますが、
一度負ければすべてを失うレバレッジ投資の本質は
一発逆転のギャンブルと同じではないのかと思うのです。


ですから、自己資金を貯め続けるという努力を
決して怠ってはいけません。

努力して増やしていけば、動かす金額も大きく
なりますし、同じことをしても、儲かる金額も
増えていくのです。


また、努力の過程でお金の価値や投資アイデアも
出てきますし、夢もどんどん広がっていきます。


百万円の金ができれば百万円の知恵が湧く。
一千万の金ができれば一千万の知恵が湧く。


その他、株式投資情報は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 15:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

私が外国株投資をしない理由


私が外国株投資をしない理由



先日のニュースで中国の経済統計は「でたらめ」
議会で異例の批判
という記事がありました。

http://saig.livedoor.biz/archives/1528591.html

中国系香港紙・大公報によると、南京市の人民代表大会で
「今年上半期の南京市の経済成長率は前年同期比10.2%」
などとする市政府の報告が議員らから「でたらめだ」と
批判の集中砲火を浴びた。

上半期の工業用電力使用量が前年同期比で1.7%しか
増えていないのに、域内総生産(GDP)伸び率が10.2%
というのは議論の余地がある」と指摘した。


このニュースは指標がでっちあげだという内容ですが
注視しておく必要があるかと思います。


株価や相場は、統計などのデータや発言で思惑買いや
売りが頻繁に起こります。

kabu.jpg

つまり先読みして売買するのですが、それが事実と異なると
わかれば株価は急落します。



特に中国株は世界中から投資マネーがどんどん集まって
いますが、そのほとんどが「将来の可能性」に期待して
ではないでしょうか?

それが事実と異なるとわかると、一気に失望売りになりますし
外国株は日本株と違い株価の動きが激しいのでご注意を。


私も過去に投資信託で保有していましたが、実際に保有して
わかったのは日本株と違い実態感が全くないということです。

日本の企業、日本株なら保有している企業がどんなことをしている、
これからどんなことをしていくか。

また実績はどうかなど、ホームページや四季報でチェック
できます。

ある程度手ごたえはあるのですが、外国株となると
それが掴めません。


特に投資信託の場合は、ほとんどインデックスと変わらないため
基準価格は株価と連動するようなものです。

ですから、外国株の個別株投資はせず、今でも日本株
だけで投資をしています。


もちろん一生しないとは言い切れませんが、このような
ニュースが出る限りは投資対象にはなりません。


その他、株式投資情報は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 09:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政権は変わっても経済は変わらない


政権は変わっても経済は変わらない



その理由は、圧力団体の献金先
力の入れ具合が変わるだけで
株価や世の中が変わるわけではないからです。

http://saig.livedoor.biz/archives/1528550.html

そう見せかけているだけで、米大統領になった
オバマ大統領でも同じ。

選挙中、選挙直後ではあれだけ盛り上がった
けども、目標が達すれば一気にフィーバーは沈黙。

選挙公約であったイラク兵の半年で撤退の実現
はうやむやに、今度はアフガン増兵。


結局は何も変わらないというか
政治家を裏で動かしている団体は変わりません。

自民、民主、その他どれに変わっても
表の顔が変わるだけ、中身は同じです。


そして、それを冷静に見据えて投資を続ければ
何の心配もありません。


テレビやその他のキャッチコピーに踊らされる
ことなくじっくりと先を見据えていきましょう。


その他、株式投資情報は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 07:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

8月31日から9月4日の相場展開は?


8月31日から9月4日の相場展開は?


今週も相場は上昇し、8月も意外なほど強い
相場で終えようとしています。

http://saig.livedoor.biz/archives/1527042.html

9月以降もこの展開が続いてほしいと願いますが
毎月月初は重要指標が相次ぎますので、発表の
結果によりトレンドが変わることもしばしば。

さて、気になる来週の経済指標は


1日(月)新車販売台数
1日(月)米ISM指数
4日(金)米雇用統計



その他、次の週になるが、11日には
4〜6月期GDP・2次速報の発表があります。

最近では、為替、米国相場と同じような
展開となっていますが、個別株では全く
そのようなことはありません。

色んな材料や今後の世の中を予想しながら、
ニーズに合った銘柄を選んでいきましょう。


その他、株式投資情報は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 07:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

今日のストップ高銘柄


今日のストップ高銘柄


http://saig.livedoor.biz/archives/1526529.html

1407 JASDAQ (株)ウエストホールディングス

2123 マザーズ (株)応用医学研究所

2303 HCS (株)ドーン

2395 東証1部 (株)新日本科学

3069 HCS (株)アスラポート・ダイニング

3236 JASDAQ (株)プロパスト

3325 マザーズ ケンコーコム(株)

3731 マザーズ (株)京王ズホールディングス

3736 マザーズ (株)コネクトテクノロジーズ

3856 マザーズ リアルコム(株)

4238 JASDAQ ミライアル(株)

4336 JASDAQ (株)クリエアナブキ

4809 マザーズ パラカ(株)

6339 東証1部 新東工業(株)

6656 マザーズ インスペック(株)

6722 JASDAQ (株)エイアンドティー

6900 東証1部 東京電波(株)

7503 JASDAQ アイ・エム・アイ(株)

7747 東証2部 朝日インテック(株)

8892 JASDAQ (株)日本エスコン

8907 東証1部 (株)フージャースコーポレーション


その他、株式投資情報は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 15:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クスリのアオキ 3398 株価1000円台乗せも事前的中!


クスリのアオキ 3398 株価1000円台乗せも事前的中!



クスリのアオキ 3398が27日引け後に
月次速報を発表。

http://saig.livedoor.biz/archives/1526383.html

全店売上高は同107.1%となり、
期初の6月から3ヶ月連続の増加となりました。

3398.jpg

同社は北陸を中心としたドラッグストアを展開
していますが、新規出店の積極化や高い地元シェア
を背景に安定した利益を確保。

そしてインフルエンザ関連として、再び注目
されてきました。


この発表を受けて、株価は大台の1000円を
超えてきました。


実はこの銘柄、私が6月に発売された四季報を見て
推薦銘柄に加えた会社です。

その時の株価はなんと709円でした。


aoki.jpg

(証拠画像)

100株単位で売買できる銘柄ですが、単位株でも
3万円以上の利益。

もちろんそれよりも多く購入していれば、中には
数十万単位で儲けた購入者もいると思います。

しかも、これが2ヶ月ちょっとの出来事ですから
相場のムードが良く、新規資金も入っていることが
わかります。


今回は見事にそれが当たりましたが四季報を
見ていけばまだまだおいしい銘柄はあります。


推薦レポートや投資情報をご希望の方は
このレポートに登録しておいてください。


posted by サカモト at 11:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米雇用統計よりも速報性が高い〇〇に注目!


米雇用統計よりも速報性が高い〇〇に注目!


毎月第1週目の金曜日に発表されます
米雇用統計

http://saig.livedoor.biz/archives/1526282.html

米国の最も重要な経済指標と捉えられ、この
発表で相場トレンドが一気に変わることも
しばしばあります。


この発表がある程度予想できれば、投資判断に
かなり有利になるはずです。

誰もが知りたい情報ですが、それを事前に
ある程度確認できる方法があります。


それは米労働省が発表する新規失業保険申請件数

これは毎週発表され、前週との比較もできます。


ちなみに最新の発表、8月22日までの週の新規失業
保険申請件数は57万件で、前週から減少。

8月15日までの週の受給総数は613万3000件で、
4月4日までの週以来の低水準となりました。


来月に発表される雇用統計も、この情報から察すると
悪材料とはならないと予想できます。

最新情報を知りたい方は米新規失業保険申請件数
で検索してみてください。

日本語訳してくれたサイトのニュース記事等で
確認できます。


その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 08:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

今日のストップ高銘柄


今日のストップ高銘柄


http://saig.livedoor.biz/archives/1525721.html

2168 東証1部 (株)パソナグループ

2309 東証1部 シミック(株)

2321 HCG (株)ソフトフロント

2395 東証1部 (株)新日本科学

3325 マザーズ ケンコーコム(株)

3386 JASDAQ コスモ・バイオ(株)

3786 マザーズ テレビ東京ブロードバンド(株)

4302 HCG オープンインタフェース(株)

4556 JASDAQ (株)カイノス

4744 マザーズ (株)メッツ

4815 マザーズ ジャパン・デジタル・コンテンツ信託(株)

4819 JASDAQ (株)デジタルガレージ

6640 JASDAQ 第一精工(株)

6656 マザーズ インスペック(株)

6721 マザーズ ウインテスト(株)

6786 マザーズ (株)リアルビジョン

6894 東証2部 パルステック工業(株)

7613 東証1部 シークス(株)

8907 東証1部 (株)フージャースコーポレーション

8912 マザーズ (株)エリアクエスト

8925 マザーズ (株)アルデプロ


その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 15:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下方修正を出しても株価が下がりにくい銘柄とは?


下方修正を出しても株価が下がりにくい銘柄とは?



インテイリア雑貨フランフランを経営するバルス 2738
下方修正を発表しました。

http://saig.livedoor.biz/archives/1525506.html

2738.jpg

この発表により当期純利益は17億1千万から10億円に
落ち40%以上もの大幅下方修正となりました。

ここまで大きく下げると株価も急落必至かと
思います。

株価は72000円でPERは7.1倍ですが、同じ
PERで計算すると4万円台にまで下がります。

72000.jpg

ここで重要になってくるのが、株価が下がった後
再び持ち直すのか?

それとも下降線のままなのか?という予測です。



いくつかの投資本では株主持分比率が50%以上の
銘柄は株価が安定傾向になる等、昔は言われました。

もちろん今でも当たると思いますが、私の場合は
他にもキャッシュフロー、配当に注目します。


トヨタ 7203やコマツ 6301を例に挙げますが、業績が
下がっても急に減配や無配にならない企業は
株価が持ち直すケースが多い傾向があると思います。

その理由には配当利回りが高くなる、という計算が
再び株の購入に向かわせる
要因になります。


例えば同社の配当は2000円です。これを今日の株価で
回収するのには36年かかります。

しかし4万円まで下がると、配当が下がらないと仮定
すれば20年で回収できます。


こういったキャッシュリッチかつ配当利回りが高い
銘柄は、下方修正でも反応が少ないか、もしくは
反応しても株価は戻る。

というケースが良くあります。


ちなみにバルスの場合は、四季報で調べてみましたが
どちらも当てはまりませんでした。


下方修正と同時に、株主優待券が年1回から2回へ増える
等の発表がありましたが、株主を食い止めるまでには
いかないと感じました。

私も買い物をしたりするお店なので、今後どういった
方針を打ち出すのか期待しています。


その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 09:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東雅子さんのアートが届きました


東雅子さんのアートが届きました


先日行ってきましたART OSAKAで購入した
作品が届きました。

http://saig.livedoor.biz/archives/1525466.html

DSC01033.jpg

展現舎というギャラリーに所属している東雅子
さんの絵画で、作品名はwants。

DSC01036.jpg

寝室かリビングに飾ろうと思います。


次回は9/4〜9/6に開催されます
アートマルシェ2009inクラウンプラザ神戸
へ時間があれば行こうと予定しています。


神戸は奈良に住む前に1年半ほど住んで
いましたが、クラウンプラザ神戸から歩いて
5分くらいの場所でした。

まだ引っ越して1年くらいですが、懐かしく
感じてしまいますね。


その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 07:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

今日のストップ高銘柄


今日のストップ高銘柄


http://saig.livedoor.biz/archives/1524985.html

2369 マザーズ (株)メディビックグループ

2385 マザーズ (株)総医研ホールディングス

2395 東証1部 (株)新日本科学

3325 マザーズ ケンコーコム(株)

3787 マザーズ (株)テクノマセマティカル

3832 HCG (株)T&Cホールディングス

4556 JASDAQ (株)カイノス

4557 JASDAQ (株)医学生物学研究所

4678 東証1部 (株)秀英予備校

4720 JASDAQ (株)城南進学研究社

4745 東証1部 (株)東京個別指導学院

4765 HCS モーニングスター(株)

4815 マザーズ ジャパン・デジタル・コンテンツ信託(株)

6640 JASDAQ 第一精工(株)

6723 東証1部 NECエレクトロニクス(株)

6888 JASDAQ アクモス(株)

6961 東証1部 (株)エンプラス

7420 東証1部 佐鳥電機(株)

7593 HCS VTホールディングス(株)

7613 東証1部 シークス(株)

7708 HCG (株)フォトニクス

8095 東証1部 イワキ(株)

8143 東証2部 (株)ラピーヌ

8889 HCS (株)アパマンショップホールディングス

8892 JASDAQ (株)日本エスコン

8907 東証1部 (株)フージャースコーポレーション

8915 東証1部 タクトホーム(株)

8925 マザーズ (株)アルデプロ

8946 JASDAQ (株)陽光都市開発

9439 JASDAQ (株)ビーアイジーグループ

9470 東証1部 (株)学習研究社


その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 16:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資に使えるやさしい心理学


投資に使えるやさしい心理学



投資本を読んでいるとで、出てくる内容に
相場の心理を学びなさいということが
あります。

http://saig.livedoor.biz/archives/1524953.html

私も最近になってようやく勉強を始めた
のですが、今回はいくつかの心理学を
紹介したいと思います。


といっても私は専門家ではありませんので
自分でも理解できたことで、かつ相場に使える
内容に限っていきます。


まず最もポピュラーなのが群集心理、集団志向
という言葉です。

これは自分の意見や行為を曲げて、周囲と合わせる
行動のことを指します。

例えば明日の相場が上がる、下がる、などを予想する
場合、普通では全く予測できません。

しかし数週間、数か月スパンで上がり続けていくと
次の週も同じように続くと錯覚しやすくなります。


それを実証するデータや事象が出たりすると、ますます
信じるようになり、冷静に考えれば割高な銘柄や
相場にも手を出してしまうのです。

いつかは反落すると思っていたけど、全く反落しないので
結局は自分も相場に遅れて参加する。

またはその逆もよくあるパターンですし、
私もよく当てはまります。


それを裏付ける心理に、ハロー効果というものがあり、
権威がある人や身なりのきちっとした人が発するコメントは
その他の人より信頼される内容だと捉えてしまうのです。


(実際は全く関係ないのですが、アナリストは
 みんなスーツにネクタイです。)


夏でも頑張ってネクタイしめていますが、その理由には
ハロー効果があります。


そして信頼を得るために演出する説得法が
一面提示と両面提示です。

量面提示はメリットとデメリットの両面を
対象に提示する方法です。

一方、一面提示は説得するのに都合のいい情報
だけを相手に見せる方法です。



あなたが参考にしている投資情報が、両面提示で
誠意を見せているか?

それとも、一面提示であなたを説得しようとしているか?


こういう言葉を理解して、記憶の片隅に置いておく
だけでも、いざという時に役立ちます。

その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 14:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXもETFも「証券化商品」 騙されてはいけない!


FXもETFも「証券化商品」 騙されてはいけない!



最近では日本でも原油や金などの商品ETFの
取扱いが増えてきています。

http://saig.livedoor.biz/archives/1524816.html

etf.jpg

規制緩和で投資対象が多様化し、今後は貴金属
等でも増えていきそうです。


そしてFXも個人投資家を中心に高い
人気が継続しております。


私のメルマガ読者様からも質問で多いのが
先物取引に関するものです。



もちろん儲けたいという気持は誰にでも
ありますし、私も同じです。

否定する気もありません。


しかし、その気持ちが大きすぎると欲望の
コントロールがだんだんと緩んできます。

この点だけは私も気をつけており、株はしますが
レバレッジをかけた投資はしません。



その理由はなぜかと言うと、この記事の冒頭
証券化商品にいきつきます。


リーマンショックの記憶は新しいかと思いますが
元々は住宅ローンの証券が危ないということで
始まったものです。

sub.jpg

サブプライムローンが混ざった商品が売れない
値段も付かないけど、どこにあるかもわからない。


10kgのお米を買ってきたけど、そのうち100粒は
汚染米であることがわかった。

だけど、どれが汚染米かわからないから、10kg
すべてに手をつけられない状態です。

そうなったのは証券化商品にした。つまりは
サブプライムローンを証券化して売り、それをまた
他の証券と色々混ぜてしまったからです。



そう考えるとETFもFXも実物取引では
ありませんよね。


証書の上での取引ですし、それも電子上での
取引でしかありません。


あくまで証券会社、銀行が発行した「対象価格に
連動する目的を持って発行された証券」
なのです。

その証券はどうなっているのはなんて、結局は
誰にもわからないと思います。


実際、銀行で円からドルに両替する場合は、1ドル
につき1円以上のお金がかかります。

私もユーロを三井住友銀行で両替しましたが、1ユーロ
につき手数料は4円でした。

本来(実物)なら、これくらい費用がかかるのです。


もちろんETFやFXがサブプライムローンのようには
なりませんが、元々サブプライムローンも格付けは最上級の
トリプルAだったのは事実です。

FXもETFも「証券化商品」とは誰も言いませんが
実際はそうですから、真実として受け入れておきましょう。


一部では現物取引型のETFがありますが、取引量と実物量が
合わないものもあります。

投資家がいっぺんに交換を依頼すれば、問題になる可能性も
今後でてくるはずです。


銀行もすべての預金者が一度に引出しにくれば潰れますが
ペイオフがあり1000万円までなら保障してくれます。

実際に取り付け騒ぎはほとんど起きませんが、過去に倒産した
FX業者は信託保全がなく顧客の保証金が戻ってこないケースも
ありました。


もちろん株式投資でも、企業が倒産すれば株価はゼロになります。


販売する側のセールストークを鵜呑みにしていたら、
損をするばかりですので、正しい知識と「なぜ?」と感じる
洞察力を持つことが大切です。



その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NYダウ6日続伸 バーナンキFRB議長を再任


NYダウ6日続伸 バーナンキFRB議長を再任


オバマ米大統領は25日、来年1月末で任期切れとなる
バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長を再任
すると正式に発表した。

http://saig.livedoor.biz/archives/1524772.html

ben.jpg

任期は2014年1月末までの4年間。


NY株、6日続伸 終値30ドル高の9539ドルで終了。


その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 07:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

今日のストップ高銘柄


今日のストップ高銘柄


http://saig.livedoor.biz/archives/1524250.html

2385 マザーズ (株)総医研ホールディングス

2395 東証1部 (株)新日本科学

2458 JASDAQ (株)フルキャストテクノロジー

2759 JASDAQ (株)SBR

3031 マザーズ (株)ラクーン

3236 JASDAQ (株)プロパスト

3325 マザーズ ケンコーコム(株)

3758 HCS (株)アエリア

3840 マザーズ イー・キャッシュ(株)

3856 マザーズ リアルコム(株)

4100 東証1部 戸田工業(株)

4565 マザーズ そーせいグループ(株)

4566 マザーズ (株)LTTバイオファーマ

4765 HCS モーニングスター(株)

5781 大証2部 東邦金属(株)

6380 大証2部 オリエンタルチエン工業(株)

7613 東証1部 シークス(株)

7774 NEO (株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング

8128 大証2部 エフワン(株)

8892 JASDAQ (株)日本エスコン

8907 東証1部 (株)フージャースコーポレーション


その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 15:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次の時流に乗る銘柄は?


次の時流に乗る銘柄は?


雑誌PRESIDENT(プレジデント)最新号を読んでみました。

http://saig.livedoor.biz/archives/1524169.html

pre.jpg

特集では増収増益を続ける

ニトリ 9843
ユニクロ 9983
王将 9936


の3社を取り上げ、そのサクセスストーリーや
成功ノウハウを紹介しています。

読んでいた中で感じたのは

円高、格安、「時流」

という共通する3つのキーワードでした。


もちろん3社とも昔から業績を伸ばして
いましたし、ニトリは円安時でも増収増益を
続けています。

しかし時流に乗るためには、やはり今の
話題性に合う企業が目立つのかと感じました。

業績それプラス話題になることで
株価の急上昇にも繋がります。



(もちろん割安株、相場全体の上昇時などにより
ケースバイケースですが)


そして、次の時流は何か?と考えてみました。

私が今思うのは小売業界では意外と
百貨店業界かもしれません。


毎月発表されます売上高売上高は
毎月10%以上の下落率で、投資家からは
見向きもされていません。

株価は持ち直してきていますが、業績との
関連性は全くありません。


実際に来客はあって、商品をチェックしても
実際に買うのは価格の安いネットで!

というのが現状ではないでしょうか?



確かに今のままのままでは、業績は下がり続ける
でしょう。

ですが日本は今後ますます高齢化社会になります。

その点、立地とサービスのよい百貨店の潜在需要は
あるはずです。

そのためには商品力やコンセプトの見直しなど
大胆な改革が必要なのは確実です。

その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


posted by サカモト at 12:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。